Pixel Art

海(2021)

SHIBUYA PIXEL ART 2021 'Excellence Award'

" ピクセルアートというとカクカクしたものというイメージがあるが、この作品はすごく柔らかい印象を与える。ピクセルアートという概念に留まりながらも、スムーズな絵柄になっている点が独創的。また面白いのはこの作家の他の絵を見ると全く違うスタイルで描かれている。ダイナミックな絵に反して今回はすごく柔らかい感じの絵を投稿しており、そのギャップからも新たな表現を試み続ける作家の姿勢が伺える。柔らかい絵柄でありながら「アンチエイリアスがない」という手法も審査員を驚かせた。今後も、今回のようなスタイルを積極的に制作してほしい。"

' Pixel art is generally associated with squares and grids, but this artwork leaves a much softer impression to the eyes of the viewer. We are impressed with the way it remains inside the boundaries of pixel art and yet gives a smooth touch to its overall aesthetic. Even more interesting is the radical gap in style from other work done by this artist – they had been far more dynamic in their past work, and this transformation was what amazed us the most. It is also impressive that anti-aliasing is not visible at all. We hope the artist continues to pursue this impressive style in their future work. '

Real Virtuality (2021)

【コンセプト】

  • バーチャル的なものをリアルに(物質で)表現。バーチャルとは何か、リアルとは何か、を問う

 

【コンテンツ】

  • ブースの中央にドットの3Dモデルがあると仮定して、投影されたイメージをブースの壁面に展示

  • ARアプリなどを使わず、鑑賞者の想像力だけで仮想空間にいるスケーターを感じさせる作品

 

【アピールポイント】

  • VRではなくRV
    アプリを使ってスマホ越しにバーチャルアートを楽しむ展示はよく見かけるが、質感が感じられる(リアルな)バーチャルアートは見たことがない。本作品は、仮想空間”的なもの”の象徴であるドットを採用し、現実に存在しているものだけでバーチャルアートの断片を再現することで、バーチャルなイメージを物質で立ち上げる試みである。

  • 仮想と現実の境界にフォーカス
    目の前で見えている対象をスマホで撮影すると違うものに見えることがある。展示するアートは物質で、デジタルにはないテクスチャがある。鑑賞者に、違和感のあるバーチャルを感覚させ、「バーチャルとは何か?」「リアルとは何か?」を問う。

  • ポップで鮮やかな色
    縦横10cmの正方形は、アクリル絵の具で鮮やかにペイントされ、デジタルにはない表情の色が感じられる。また、スケーターとボードの素材は異なるものが使用され、質感の違いがあり、その場でしか感じられないテクスチャを感じさせる。

BOW(2020)

私にとってスケーターは、グラフィティーやストリートの象徴です。自分ではどうにもならないもどかしさがありながら、その瞬間だけは自由でいられる。誰かが決めたルールや概念に縛られず、仲間と"いま"を生きている、彼らにそんなみずみずしさを感じます。

bow

Bow

2020 acrylic on canvas 273×273mm

Bow2

2020 acrylic on canvas 273×273mm

bow3.jpg

Bow3

2020 acrylic on canvas 273×273mm